TOP > 歯の健康情報 > 歯ぎしり・食いしばりの癖
歯ぎしり・食いしばりの癖 (2010/6/11)  

  朝起きて、アゴが重い、だるいなど経験がありますか?原因としては、歯ぎしりやくいしばりが考えられます。
  歯ぎしりの場合、寝ているときに起こり本人は気付きにくく、家族からの指摘で気付く場合が多いようです。昼間でも、気がつくとくいしばっていませんか?歯ぎしりやくいしばりの原因は、よく分かっていませんが、有力的な考えとして、精神的、肉体的ストレスとも言われています。また、歯並びやかみ合わせの具合で起こる場合もあるようです。
  歯ぎしりやくいしばりが続くと、歯が磨れてくる咬耗や破折が見られたり、歯の根元が欠け、しみてきたりの知覚過敏を起こすこともあります。また、咀嚼する筋肉の疲労などからコリとして現れ、肩こりや偏頭痛を起こすこともあるようです。仕事で緊張しているときは、気がつかず、週末の休みを迎えると偏頭痛が起こるような週末性の頭痛の原因としても、歯ぎしりやくいしばりが影響していることもあるようです。
 指で、こめかみに触れてみて下さい。そしてカチカチ咬みわせてみてください。
  こめかみの側頭筋が動くのが分かると思います。ですから、咀嚼筋のコリが、偏頭痛として現れると考えられている由縁です。
  歯ぎしりやくいしばりの対処方法として家庭で確認することは、
  @ 枕が高すぎないか?確認してください。
  A仕事中など精神的、肉体的ストレスの原因を改善できるか意識してみて下さい。
  B下あごを前に軽く突き出し、首の周りの筋肉をマッサージすることを試みてください。
  歯科医院で診察することは、
  @歯並び Aかみ合わせ B不良の補綴物、冠などC放置されたムシ歯の有無などです。
 歯ぎしりやくいしばりの治療は、対処療法として歯科医院において、ナイトガードを作ってもらうことから始められると良いでしょう。歯ぎしりは、保険適応の範囲では、6千円くらいで作成できます。まずは、かかりつけの歯科医院に相談してみて下さい。
(情報提供 /群馬県保険医協会)

このページに関する問合せは
E-mail:adsystem@mail.wind.ne.jp
URL:http://www.jomo-news.co.jp/jomo-ad/