TOP > 歯の健康情報 > 学童のむし歯
学童のむし歯 (2010/9/10)  

  生活の向上に伴って児童の体格は著しく向上しました。しかし反面、肥満や近視などが増加し、依然としてムシ歯の罹患率も、外国に比べて高い傾向にあります。さらに高学年の児童には、歯肉の病気もふえていると指摘されています。これらを予防し、健康を保つために、毎年4月の新学期には学校検診を行っています。
 6歳から12歳の学童期は、乳歯が永久歯にはえかわる、たいへん重要な時期です。小学校に入学する頃には乳歯の一番奥に6歳臼歯とよばれる第一大臼歯がはえてきます。これは歯の中でも一番大きく、かむ力も最大で、あとからはえてくる永久歯の中心になる大事な歯です。歯ならびも左右する大切な歯なのですが、この6歳臼歯がむし歯になる確率は、6歳で3割、7歳で6割、8歳で8割と急増していきます。なぜかといえば6歳臼歯が一番奥にあるためで、食べカスが溜まりやすく、しかも歯磨きがしにくいためです。ですから、ムシ歯を防ぐには、食後なるべく早いうちに食べカスをていねいに落とすことが重要です。
 また学童検診をしていて気になるのは、最近、歯ならびや噛み合わせが悪い児童の多いことです。乳歯が永久歯にはえかわるときに、バランスよくはえかわればいいのですが、それがうまくいかない子が多いようです。また、近頃はレトルト食品の普及で噛みごたえのある食べ物が減ったことも影響していると思います。やわらかい物ばかり食べていると、噛む力が低下し、アゴの発育も、歯ならびも悪くなってしまいます。家庭での食生活を考えなおしてみてください。
 学童期のムシ歯予防は、自分で歯をみがくことのできる年齢ですから、食後に歯をみがく習慣と、規則正しい生活を身につけさせましょう。歯だけでなく、体の健康を守っていく上で大切なことですから、家庭で指導してあげて下さい。
(情報提供 /群馬県保険医協会)

このページに関する問合せは
E-mail:adsystem@mail.wind.ne.jp
URL:http://www.jomo-news.co.jp/jomo-ad/