TOP > 歯の健康情報 > 入れ歯をご利用のあなたへ
電動ハブラシ(2012/3/10)  

「普通の歯ブラシと電動歯ブラシ、どちらが良いのでしょう?」という質問を良く耳にします。結論から言いますと、一概にどちらが良いとは言えません。どちらにも長所と短所がありますし、合う合わないという好みの問題もあります。普通の歯ブラシで良く磨ける人は、電動歯ブラシを使っても良く磨けるようです。しかし、普通の歯ブラシを使いこなせない人は、電動歯ブラシも使いこなせないことが多いようです。どちらのブラシを使うにしろ、最も重要なポイントは、磨くべきところにきちんと毛先が当たっているかということです。    上の歯の表側、裏側、奥歯の噛み合わせ、下の歯の表側、裏側、奥歯の噛み合わせというように、磨く順番を決めて、毛先を正確に当てる練習をしましょう。毛先を正確に当てる事が出来て、初めて電動歯ブラシは威力を発揮します。歯ブラシを小刻みに動かすのが苦手な人、歯並びを治す矯正装置を使用中の人、口腔ケアを行う介護者の人などには特に有用でしょう。電動歯ブラシにも、いろいろな種類があります。普通の歯ブラシみたいに、タテヨコに動くタイプ。毛束が回転するタイプ。最近では、高速振動するタイプが登場してきています。タテヨコに動くタイプや毛束が回転するタイプは、電動歯ブラシ初心者でも、比較的短期間に使いこなせるようです。普通の歯ブラシと同じ様に、正確に毛先を当てる事が出来れば、短時間で効率良く磨くことが出来ます。高速振動するタイプは、音波歯ブラシ或いは超音波歯ブラシと呼ばれているものです。サイズが大きく、振動による違和感が強く、使用法を習熟するのに多少時間がかかります。ですが、ブラシの毛先の周囲2〜3mm先まで音波効果が伝わるので、歯周病予防に効果的です。電動歯ブラシの使用にあたっては、注意すべき点が幾つかあります。音波、超音波歯ブラシは、ペースメーカー等を使用している方は、使用を控えて下さい。歯磨き粉は、研磨剤の少ないものを少量使用が良いでしょう。普通の歯ブラシと同様に3ヵ月程度を目安にブラシの先を交換しましょう。
(情報提供 /群馬県保険医協会)

このページに関する問合せは
E-mail:adsystem@mail.wind.ne.jp
URL:http://www.jomo-news.co.jp/jomo-ad/