TOP > 歯の健康情報 > フッ素について
夜寝るときの入れ歯(2013/ 03/08)  


主治医の指示がない限り、基本的には、夜間就寝するときは入れ歯をはずしておくことをお勧めします。はめたままですと、口の粘膜や筋肉が休まりません。はずした入れ歯は、よく清掃して入れ歯洗浄剤を溶かした水に一晩浸すことが最良です。一日使った入れ歯には、目には見えない汚れがついています。この汚れはカンジダというカビが主体ですが、これが義歯性口内炎などの原因になります。入れ歯洗浄剤に浸しておけば消毒され、入れ歯についた特有のにおいも消えて、清潔になります。このようなことから、自分専用の入れ歯容器を用意してください。薬局、薬店で売られています。入れ歯をはずしたら、必ずこの容器に入れて保管する習慣を身につけましょう。   ティッシュペーパーなどにくるんで、そのへんに置いておく方をよく見かけますが、家族がごみと間違って捨ててしまうこともあります。ぜひ専用の容器を持ちましょう。なお容器に保管するときは、水を入れ、その中に入れ歯を入れてください。入れ歯は乾燥すると変形するおそれがありますので、注意しましょう。

このページに関する問合せは
E-mail:adsystem@mail.wind.ne.jp
URL:http://www.jomo-news.co.jp/jomo-ad/