TOP > 歯の健康情報 > 歯のはえかわり時期の注意
歯のはえかわり時期の注意(2017/03/06)  

 子どもの口の中に永久歯がはえてくるのは六歳のころが目安です。
 乳歯が大人の歯にはえかわるこの時期にはいろんな歯のトラブルがあります。歯がぐらぐらしてきたので糸をつけたけれど抜けない とか、乳歯がぬける前に永久歯が出てきてしまった などお母さんの心配する声もいろいろです。
 そこで、六歳までに、口の中がきちんと成長してきたかどうかを、チェックしてみましょう。
 そこでまず質問です。
1)あなたの子どもさんは授乳時に元気におっぱいを吸いましたか?
2)子どもさんは鼻呼吸をしているでしょうか?
 口呼吸といって、いつも口をポカンとあけているため、舌がいつも見えている
 上下の唇が厚く、力がなく筋力のバランスが悪いと、舌や口をよく運動させることができません。そのため、よく噛めない、飲み込めない、硬いものが噛めないという状態を招き、これが偏食、好き嫌いの原因になります。お口の中は、どんどん発育していますから、しっかりした噛み合わせ、きれいな歯並びは、舌と唇の筋肉の成長と関連している大切な要素なのです。
3)むし歯はありませんか?
4)お口から食べ物をこぼさずよく噛んで食べられますか?
5)指シャブリの癖はありませんか?
 むし歯をみつけた時、よく噛めないと思った時、指しゃぶりの癖が少しひどいかな、と思ったら、歯科医院に相談しましょう。

 最初の永久歯は、乳歯の奥の方に生える六歳臼歯とよばれる第一大臼歯(だいいちだいきゅうし)です。この六歳臼歯は子どもには磨きにくいため、むし歯になりやすい歯です。ですから、親が仕上げ磨きをしてあげましょう。どうしても磨くのが難しい時は、歯科医院でフッ素塗布をしてもらうとよいと思います。

 六歳から七歳になると下の前歯から徐々に抜け変わります。一年に一本くらいのペースで、左右対象に抜けてくるのが普通です。生えてきた永久歯が乳歯の内側や外側に出るために、乳歯が抜け落ちにくくなることがあります。そんな時には無理をせず、気軽に歯科医師に相談しましょう。現在では、顎や舌、唇をきちんと成長させて、歯並びや噛み合わせが悪くなるのを予防する方法も開発されています。

(情報提供/群馬県保険医協会)

このページに関する問合せは
E-mail:adsystem@mail.wind.ne.jp
URL:http://www.jomo-news.co.jp/jomo-ad/