文字サイズを変更する
小
中
大
 

群馬県のニュース

県警巡査長が酒酔い運転容疑 飲酒で投薬歴、医師指導中 

更新日時:2017年10月6日(金) AM 06:00
 群馬県警は4日、前橋市元総社町で飲酒運転したとして、道交法違反(酒酔い運転)の疑いで同市大友町、前橋東署地域課巡査長、櫃間(ひつま)功次郎容疑者(56)を逮捕、5日未明に発表した。呼気1リットル当たりから酒気帯び運転の基準(0.15ミリグラム)を大幅に上回るアルコールが検出されていた。

 県警は飲酒や運転の経緯を調べ、懲戒処分も検討する。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。

櫃間容疑者の乗用車を調べる捜査員=4日午後6時半ごろ、前橋市元総社町