文字サイズを変更する
小
中
大
 

全国のニュース

福島知事、バッハ会長提案を歓迎 東京五輪被災地実施「うれしい」

更新日時:2016年10月20日(木) AM 08:31

 【ニューヨーク共同】福島県の内堀雅雄知事は19日、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が2020年東京五輪の複数種目を東日本大震災の被災地で実施する構想を提案したことについて「本当にうれしく思う」と歓迎した。

 訪問先のニューヨークの国連本部で記者団に語った。福島県は五輪の追加種目に決まった野球・ソフトボールの1次リーグの県内開催を大会組織委員会に要望している。内堀氏は「大会組織委員会、政府と協議を重ねて福島県で開催されるようしっかり取り組んでいきたい」と語った。