文字サイズを変更する
小
中
大
 

全国のニュース

潘氏、故郷で足場固め 韓国中部、実績アピール

更新日時:2017年1月14日(土) PM 08:26

 【忠州共同】韓国の次期大統領選に出馬意欲を見せている潘基文・前国連事務総長は14日、出身地の中部忠清北道を訪れた。支持率が伸び悩む中、地元出身大統領への待望論が高まる故郷を皮切りに存在感をアピールし足場を固めたい考えで、故郷の陰城で開かれた歓迎式典では「国連事務総長としての経験を皆さんと共有したい」と述べ、地域の安定に貢献する意欲を示した。

 世論調査会社「韓国ギャラップ」が10~12日に行った有力候補者の支持率調査では、潘氏は20%の2位で、31%の最大野党「共に民主党」の文在寅前代表に引き離されている。

看護職就職ガイダンス
群馬県有力企業 合同企業説明会Ⅱ(4月16日(日) 高崎市)

 14日、韓国・陰城で開かれた歓迎式典であいさつする潘基文・前国連事務総長(共同)