文字サイズを変更する
小
中
大
 

全国のニュース

東京円、112円台前半 

更新日時:2017年7月18日(火) PM 05:24

 連休明け18日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=112円台前半で取引された。

 午後5時現在は、連休前の14日と比べて1円05銭円高ドル安の1ドル=112円23~24銭。ユーロは06銭円安ユーロ高の1ユーロ=129円38~42銭。

 低調な米経済指標や日経平均株価の下落などが投資家の消極姿勢を誘い、安全資産とされる円を買う動きが広がった。

 市場では「日銀の金融政策決定会合や欧州中央銀行(ECB)理事会を控え、投資家はより慎重になるだろう」(大手銀行)との声があった。