文字サイズを変更する
小
中
大
 

全国のニュース

羽田空港、顔認証で帰国手続きも 3台先行導入、18日から運用

更新日時:2017年10月13日(金) PM 05:00

 法務省は、出入国審査の際に、顔認証技術を活用して本人確認する自動化ゲートを羽田空港に3台先行導入し、13日に報道陣に公開した。18日から同空港の日本人の帰国手続きで運用を始める。法務省は2018年度中に、利用者の多い成田、中部、関西、福岡の4空港にも導入し、出国手続きにも運用を拡大する方針。

 20年東京五輪・パラリンピックを控え、日本人の出入国手続きを合理化し、より多くの入国審査官を外国人審査に充てて円滑化を図る狙い。

 パスポートを機械にかざしゲート内蔵のカメラが顔写真を撮影。パスポートのICチップ内の顔画像と照合してゲートが開いた。審査時間は約10秒。

 羽田空港に先行導入された自動化ゲートで、顔認証技術を活用して本人確認する手続きの様子=13日午後