文字サイズを変更する
小
中
大
 

全国のニュース

ひさし・観客席の実物大模型公開 新国立競技場で採用

更新日時:2017年10月13日(金) PM 08:55

 日本スポーツ振興センター(JSC)は13日、2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場の建設工事現場に隣接する敷地で、同競技場で採用されるひさしや観客席の実物大模型を報道陣に公開した。図面だけでは分からない実際の仕様を検証するために作られ、既に観客席の急な傾斜に合わせて手すりの角度を修正したという。

 スタンド上部で通風口の役割を果たす「風の大ひさし」はアルミ製の板が使われるが、国内産の杉を使う下の層のひさしに合わせて外側を木目調にデザインした。

 報道陣に公開された新国立競技場の施工手順説明模型=13日午後、東京都新宿区