文字サイズを変更する
小
中
大
 

ORICON NEWS

LinQ半減 22人→11人体制に 7人卒業、3人芸能界引退

2017年6月20日(火) AM 08:00
 九州/福岡を拠点に活動するアイドルグループ・LinQ(リンク)が再編成され、現行の22人体制から新人1人を加えた11人体制となることが19日、わかった。7人はグループを卒業して他分野に挑戦。3人は芸能界から引退、1人はひざのリハビリに専念し、今後の復帰を目指す。

【写真】LinQ新メンバー 安藤千紗17歳

 2011年4月の結成から6年になるLinQは昨年12月、グループを活性化させるために「解体・再開発プロジェクト」を発表。現行メンバーでの活動は2017年6月までとし、6月以降は(1)新人も含めて再編成した新生LinQ、(2)LinQに対抗できる新グループ結成 (3)ミュージカル集団の育成を3本柱とし、九州から全国へ展開するとしていた。

 新プロジェクト発足のためには、今年5月の福岡・福岡市民会館、東京・中野サンプラザの2公演で「8割以上の集客、メンバーの一体感とファンが満足できるパフォーマンスを行うこと」が条件となっていたが、ともにクリア。「IQ(アイドル九州)プロジェクト」発足が決まった。

 これに伴い、メンバーのアイドルとしての適正を見直し、LinQを再編。メンバーは、新木さくら(20)、海月らな(19)、小日向舞菜(22)、坂井朝香(20)、桜愛美(21)、高木悠未(20)、福山果奈(17)、MYU(15)、山木彩乃(21)、吉川千愛(23)に、新人の安藤千紗(17)を加えた11人。現行の22人から半減となった。

 新生「LinQ」はこれまでのコンセプトを守りつつも「九州から全国へ笑顔の架け橋に」をキャッチフレーズに、全国、ひいては世界に通用するグループを目指す。新体制は8月26・27日に横浜アリーナで開催されるアイドルフェス『@JAM EXPO 2017』から始動する。

 また、新木こころ(18)、伊藤麻希(21)、岩本琴音(17)、大庭彩歌(27)、岸田麻佑(25)、原直子(28)、桃咲まゆ(22)の7人はLinQを卒業し、アイドル分野に限らずミュージカル、舞台、モデルなど、総合的エンタテイナーとして他の分野にも挑戦。個々の才能にあわせてソロ活動も展開する。

 プロジェクトのもう一つの柱である「LinQに対抗できる新グループ」の結成については、
現在行われているオーディションを踏まえ、来春始動を目指す。

 なお、現行グループのリーダー・天野なつ(23)は、ひざの前十字靭帯損傷による手術後のリハビリに専念し、今後復帰を目指すことに。大石芽依(18)、瀬戸楓(23)、姫崎愛未(23)の3人は、本人の希望により芸能活動から引退する。卒業公演などの開催については後日改めて発表される。

22人→11人体制となる新生「LinQ」