文字サイズを変更する
小
中
大
 

ORICON NEWS

海藏亮太、テレビ朝日のオーディション番組で発掘 来春プロデビュー決定

2017年10月8日(日) PM 01:29
 テレビ朝日系で6月に放送された『今夜、誕生!音楽チャンプ』(8日スタート、毎週日曜 後9:58~11:05)の前身となる特別番組で優勝した海藏亮太(27)が、来春、大手レコード会社からプロデビューすることが決定した。レギュラー化初回の収録に現れた海藏は、MCを務める関ジャニ∞の村上信五と女優の黒木瞳にデビュー報告。これから“音楽チャンプ”を目指す挑戦者に、先輩としてエールを送った。

【写真】6月30日放送の前身番組で熱唱する様子

 前身番組に、カラオケ世界大会チャンピオンの肩書で登場した海藏。挑戦者6人による予選を2位で通過した海藏は、決勝で、これまで一度も歌ったことがなかったという課題曲、宇多田ヒカルの「First Love」を、プロによる指導を経て見事に仕上げ、辛口で知られる審査員の菅井秀憲氏から「カラオケが生オケのように聴こえた」と高評価を得るなど、堂々たるパフォーマンスを披露して見事、優勝。とんとん拍子で歌手デビューが決まり、番組初のプロアーティストが誕生することになった。

 8日は、特別編として「再起をかける!超実力派シンガーNo.1決戦」を放送。挑戦者には、過去に一度は名を馳せたことのあるシンガー6人が登場する。アイドルグループ・SDN48の元メンバーの福田朱子、16歳で「制服姿で歌う演歌歌手」としてデビューし、現在はママシンガーの歌恋、ドラマの主題歌を歌ったこともある清貴、女性デュオ・やなわらばーのメンバー・石垣優、天才演歌少女との決別を目指すさくらまや、かつて「宇多田ヒカル級の天才」の異名をとったJASMINE。

 1回戦では、挑戦者それぞれが自由に選んだ曲で勝負に挑む。審査をするのは、レギュラー放送に合わせてバージョンアップされたロボットの「チャンプくん」と、モーニング娘。のボーカル・アドバイザーとして活躍する前出の菅井氏、B.B.クィーンズでボーカルを務める坪倉唯子、May J.などへ楽曲を提供する音楽プロデューサーの田中隼人氏、父である大本恭敬から鬼ボイストレーナーのDNAを受け継いだ大本京氏といった音楽のプロ4人。

 新型「チャンプくん」は、音程の正確さなどに対する技術的評価に加え、「声紋分析」の機能を搭載し、挑戦者の声質などもユニークかつ厳しく評価していく。人間の審査員も前回の特番同様、激辛。「かわいい以外の長所が見当たらない」、「この曲で何を言いたいんですか?」など、挑戦者だけでなくスタジオを凍りつかせるコメントがさく裂する。

 予選を通過できるのは2人。決勝進出者は1週間、プロ指導のもと課題曲「あなたに逢いたくて」(松田聖子)を猛特訓し、その成果を決勝の舞台でぶつけ合う。初回チャンプの栄光は誰の手に?

10月8日放送、『今夜、誕生!音楽チャンプ』でプロ歌手デビューを報告する海藏亮太(C)テレビ朝日