文字サイズを変更する
小
中
大
 

群馬県のニュース

衆院選にらみ構図鮮明 県議選館林市区で自民・民進激突 

更新日時:2017年4月22日(土) AM 11:00
 5月5日告示、14日投開票の群馬県議補選館林市区(欠員2)は自民党公認の2人と民進党公認の1人、自民系の無所属1人の4新人が立候補する見通しとなり、激しい選挙戦となる公算だ。

 同市区は半世紀近く自民が2議席を独占してきた“指定席”だが、保守分裂となった市長選(4月2日)や不祥事による自民国会議員の離党などを追い風に、民進が切り崩しを狙う。

 告示まで2週間。今秋以降との見方が強まる衆院解散もにらみ、「局地戦」での自民・民進対立の構図が鮮明になっている。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。

(左から)高橋次郎氏、茂木直久氏、多田善洋氏、泉沢信哉氏