文字サイズを変更する
小
中
大
 

群馬県のニュース

《愛顔つなぐえひめ国体》陸上・白尾V 馬術・高橋2冠 

更新日時:2017年10月8日(日) AM 06:00
 【愛媛=田中暁、大橋周平】第72回国民体育大会「愛顔つなぐえひめ国体」の大会第8日は7日、16競技を行った。群馬県勢は陸上の少年男子A400メートル障害で白尾悠祐(農大二高)が優勝し、同走り幅跳びの津藤広夢(同)が準優勝。少年女子共通棒高跳びの岡本風香(前橋育英高)は4位に入った。馬術の成年男子自由演技馬場馬術は高橋正直(伊香保バーデンファーム)が頂点に立ち、馬場馬術に続く2種目制覇を達成した。空手道少年男子形は菊地凌之輔(前橋工高)が準優勝した。

 大会第9日は8日、16競技を行う。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。

陸上少年男子400メートル障害 50秒86で圧勝し、インターハイとの2冠を達成した白尾=愛媛県総合運動公園陸上競技場

 

馬術成年男子自由演技馬場馬術 馬場馬術とともに2冠を成し遂げた高橋=兵庫・三木ホースランドパーク(日本馬術連盟提供)