文字サイズを変更する
小
中
大
 

群馬県のニュース

子どもの貧困 地域特性把握へ本年度3市町村が独自調査 

更新日時:2017年6月18日(日) AM 11:00
 社会問題となっている「子どもの貧困」の現状を探るため、県内の市町村が独自の実態調査に乗り出している。

 本年度は藤岡、吉岡、南牧の3市町村が実施、昨年度に調査した館林市は年内にも結果を公表する方向だ。地域の特性を把握し、具体的な支援につなげることが目的だが、結果を基に個別の事情や要望をどこまでつかむことができるかが課題となりそうだ。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。