文字サイズを変更する
小
中
大
 

群馬県のニュース

O157 3歳女児死亡 前橋の総菜店 加熱品食べ感染 

更新日時:2017年9月14日(木) AM 06:00
 群馬県と埼玉県の総菜店で購入したサラダなどを食べた人が腸管出血性大腸菌O157に感染した問題で、前橋市保健所は13日、「でりしゃす六供店」(同市六供町)で調理、販売された総菜を食べた東京都の女児(3)と前橋市の60代女性の感染が新たに判明し、女児が今月上旬に死亡したと発表した。この問題での死者は初めて。これまで六供店から感染した患者に共通した料理はサラダだったが、死亡した女児らは加熱料理しか食べていなかった。

 市保健所によると、女児と女性が食べたのはタケノコの炒め物、エビの炒め物、天ぷら、きんぴらの4品。8月11日に購入され、同日に前橋市内であった盆休みの親戚の集まりで一緒に食べた。その後女児はO157による溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症し、都内の病院で亡くなった。

 同店でこの日販売された総菜を食べた感染者は、既に判明している9人と合わせ計11人となった。

 市保健所は、六供店の従業員の便や調理器具からO157は検出されず、感染経路は依然不明と説明。六供店では、客が総菜を取り分けるトングが複数の料理で使い回せる状態だったことや、総菜を盛りつけた大皿にふたがなかった点を踏まえ「調理後に店内で販売する段階で、別の総菜や客から菌が付着し、汚染が広がった可能性がある」との見方を示した。市保健所は年1回のペースで店の衛生状況をチェックしていたが、その際は管理に問題がなかったとしていた。

 店を運営するフレッシュコーポレーション(群馬県太田市)は「亡くなられた方の冥福を心よりお祈り申し上げます。感染源の特定に向け、所轄保健所の調査に全面的に協力します」とのコメントを出した。六供店は7日に営業を再開していたが、13日に再び営業自粛した。他の店舗の営業は続ける。

 問題を受け前橋市保健所は、客自身がパック詰めする総菜店やバイキング形式の飲食店について「不特定多数の客が関わり、従来の食中毒対策では対応しきれていない面がある」として衛生管理の指導法を検討する。

 一方、群馬県は前橋、高崎両市と連携し、近く県内のでりしゃす全12店を立ち入り検査する方針を決めた。厚生労働省は都道府県などに対し全国の食品事業者や医療機関などに注意喚起するよう求める通知を出した。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。