文字サイズを変更する
小
中
大
 

群馬県のニュース

ライラ2歳おめでとう 桐生が岡動物園で誕生日会 

更新日時:2017年6月19日(月) AM 06:00
 群馬県の桐生が岡動物園の雌ライオン、ライラの2歳の誕生日会が18日、桐生市の同園ライオン舎前で開かれた。馬肉や鶏肉でできた飼育員手作りの“お肉のケーキ”がプレゼントされ、大勢の親子らが「ハッピーバースデー」を歌って誕生日を祝った。

 特製のケーキには「ライラ2才」と書き込まれた。大好きな牛骨も添えられており、ライラはおいしそうに頬張っていた。

 実際の誕生日は19日だが、多くの人に祝ってもらおうと誕生日会を18日に前倒しした。

 誕生日会ではライオンの頭蓋骨を紹介したり、飼育員が質問を受け付けるコーナーもあり、来園者からは「肉以外のものも食べるの?」「一日に何回ご飯を食べるの?」などといった疑問が寄せられていた。基本的に肉しか食べず、野生だと食事を取らない日もあるという。

 ライラは富士サファリパーク(静岡県)で生まれ、2015年12月に入園。現在、雄ライオンのチャコ(2歳)と飼育されている。

 動物園が好きだという伊勢崎市今泉町の星野芽衣子ちゃん(3)は「立っている姿がかわいかった。誕生日おめでとう」とうれしそうに話していた。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。

肉のケーキにかぶりつくライラ

 

飼育員の説明コーナーでライオンの頭蓋骨を見る来園者