文字サイズを変更する
小
中
大
 

群馬県のニュース

馬車から梅の花満喫 祭りで種飛ばし、試食会 高崎 

更新日時:2017年3月21日(火) PM 07:00
 梅の開花時季に合わせたイベント「第26回榛名の梅祭り」が19日、群馬県高崎市上里見町の榛名文化会館エコールをメーン会場に開かれた。県内外から大勢の人が集まり、馬車に乗って梅の花を眺めたり、特製の「梅うどん」を食べたりして楽しんだ。

 馬車は、15人ほどを乗せて梅林の中の約300メートルをゆっくり運行。家族連れを中心に見頃を迎えた花を楽しみながら、馬の力強さに驚いていた。

 梅の種飛ばし大会では、子どもから大人までが種を口に含み、何とか遠くに飛ばそうと悪戦苦闘。梅の実が練り込まれ、ピンク色が特徴の梅うどんの試食会には長い列ができた。

 祭りは榛名地域を代表する農産物の梅を広く宣伝し、消費の拡大と観光の誘客を促進することが目的。JAはぐくみ、市はるな果樹振興協議会、市榛名商工会などが実行委員会をつくり、毎年開催している。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。

看護職就職ガイダンス
群馬県有力企業 合同企業説明会Ⅱ(4月16日(日) 高崎市)

家族連れを乗せて梅林の中を運行する馬車