文字サイズを変更する
小
中
大
 

群馬県のニュース

前橋育英、健大高崎 センバツ 5年ぶり群馬県勢2校 

更新日時:2017年1月28日(土) AM 06:00
 第89回選抜高校野球大会(3月19日から12日間・甲子園)に出場する32校を決める選考委員会が27日、大阪市内で開かれ、群馬県の前橋育英と健大高崎が一般選考枠で選ばれた。前橋育英は6年ぶり2度目、健大高崎は2年ぶり3度目の選出で、県勢2校同時出場は1978年(桐生、前橋)、2009年(高崎商、前橋商)、12年(健大高崎、高崎)に続き4度目。県勢の選抜大会出場は4年連続となる。

 両校ともに午後3時10分すぎ、電話で出場決定が伝えられた。前橋育英は一報を受けた竹渕敏校長がグラウンドに出て、練習していた選手に報告。健大高崎でも加藤陽彦校長がグラウンドで選手を前に、正式に連絡を受けたと知らせた。周囲にはそれぞれの保護者や関係者らが集まり、喜びの瞬間を共有した。

 一般選考枠の割り当ては「関東・東京」に6校。例年、関東4校、東京1校を選び、残り1校は両地区の比較で決める。前橋育英、健大高崎はともに選抜選考の重要資料となる昨秋の関東大会で4強入りし、選出が有力視されていた。

 前橋育英はチーム打率3割6分6厘の強力打線を武器に、昨春から3季連続となる県大会優勝を果たし、関東大会は初戦の白鷗大足利(栃木3位)、準々決勝の慶応(神奈川1位)と、いずれも接戦を制して勝ち上がった。健大高崎も昨夏の県大会準優勝メンバーが主力として多く残り、戦力は充実。関東大会は初戦で明秀学園日立(茨城1位)にコールド勝ちし、準々決勝も投打がかみ合った内容で横浜(神奈川2位)を下した。

 県勢2校が選ばれたことについて、県高野連の吉井均会長は「群馬のレベルの高さを示してくれた。(両校出場は)他のチームの目標や刺激になる」と話している。

 組み合わせ抽選会は3月10日、大阪市内で開かれる。

「県民と活躍応援」大沢正明知事の話
 2校そろっての出場は快挙であり、大変うれしく思う。甲子園では、県の代表として正々堂々と戦ってほしい。県民とともに皆さんの活躍を心から応援している。

「育英の名 全国に」山本龍前橋市長の話
 出場おめでとう。再び前橋育英の名を全国に知らしめる活躍ができるよう、万全に体調を管理し、甲子園という晴れ舞台で練習の成果を思う存分発揮してほしい。

「高崎の名 上げて」 富岡賢治高崎市長の話
 甲子園出場おめでとう。思い切り打ちまくり、走り回って高崎の名を上げてほしい。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。

看護職就職ガイダンス
群馬県有力企業 合同企業説明会Ⅱ(4月16日(日) 高崎市)

喜びを爆発させる前橋育英ナイン=前橋育英グラウンド

 

湯浅大主将を胴上げし、大喜びする健大高崎ナイン=健大高崎グラウンド