文字サイズを変更する
小
中
大
 

群馬県のニュース

特大まんじゅう神社で「福分け」 伊勢崎 

更新日時:2017年1月12日(木) AM 06:00
 群馬県伊勢崎市の正月の恒例行事「上州焼き饅祭まんさい」(いせさき焼きまんじゅう愛好会主催)が11日、同市本町の伊勢崎神社で行われた。

 直径55センチの特大まんじゅう8個を焼き、集まった多くの来場者に「福分け」として振る舞った。

 年男年女の4人が「笑」「幸」など一年の願いを込めた漢字を食紅でまんじゅうに書き入れ、炭火で焼き上げた。市をPRする「ミスひまわり」の岩崎采花さんらが巫女みこを務め、大きなはけでみそだれを塗ると香ばしい匂いが漂った=写真。

 ※アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと、動画を見ることができます。この機会にぜひお楽しみください。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。

看護職就職ガイダンス
群馬県有力企業 合同企業説明会Ⅱ(4月16日(日) 高崎市)

祭りでは巫女(みこ)が大きなはけで焼きまんじゅうにみそだれを塗った