文字サイズを変更する
小
中
大
 

群馬県のニュース

子育てママの就労後押し 無料で技能実習、就職面接会 

更新日時:2017年3月26日(日) AM 06:00
 結婚や子育てで離職した女性への就労支援が広がっている。国は雇用保険を受給できない人が無料で技能習得の実習ができる機会を設け、企業も子育て中の母親向けの就職面接会に参加して後押ししている。幅広い業界で人手不足が顕在化する中、貴重な戦力として雇用創出を図る。

 「年を取っても、きれいになるってうれしいのね」。1月末、前橋市のデイサービス野のはなで、女性利用者の顔が輝いた。女性の爪をピンク色に塗ったのは白石多佳恵さん(36)。国の求職者支援制度の訓練機関として厚生労働省に認定されたストロベリーネイルズ(前橋市、広田奈穂美代表)のネイリスト養成科の実習で訪れた。

 2011年に始まった同制度は、雇用保険に未加入の人や、加入期間が短く手当を受給できない人が対象。介護や医療事務などの訓練が中心だが、ネイリストなどサービス業もある。群馬県内では本年度、1230人分のさまざまな講座が開かれている。

 白石さんは4カ月間で実技や知識、ビジネスマナーを磨いたほか、キャリアコンサルタントの広田代表との個人面談で自身のキャリアプランを考えた。「自分の人生に向き合い、前向きになれた」と振り返る。受講生は職業経験の少ない女性が多いため、広田代表は「男性と異なる支援が必要」と指摘する。

 一方、企業側も“子育てママ”の採用に意欲的だ。群馬労働局は前橋と高崎、太田、沼田の各市と連携し、14年から子育て中の女性限定の面接会を開催。時短勤務など、母親の希望に沿える企業が出展し、今年は計99社が集まった。昨年は参加した366人のうち82人の就職が決まった。

 会場には託児サービスを備え、久々に社会に出る不安を解消するためメークやビジネスマナーの講座もある。同労働局は「子育てママが働ける職種を新設して参加する企業もいる。需要は今後も増えるだろう」としている。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。

看護職就職ガイダンス
群馬県有力企業 合同企業説明会Ⅱ(4月16日(日) 高崎市)

求職者支援制度でネイリストを目指し、デイサービスで実習をする白石さん