文字サイズを変更する
小
中
大
 

群馬県のニュース

重文民家彩る ひな人形200体 沼田・南郷の曲屋 

更新日時:2017年3月21日(火) PM 08:00
 群馬県の沼田市指定重要文化財の「南郷の曲屋(旧鈴木家住宅)」は31日まで、同市利根町の同施設でひな人形展を開いており、江戸時代から昭和までの約200体を飾っている。

 曲屋は1785年に建てられたとされる古民家。名主だった鈴木家に伝わる昭和のひな人形や、市内外から寄贈された人形を展示している。江戸時代中期に沼田藩主から贈られたと伝わる逸品もある。

 来場した同市上原町の宮沢礎さん(82)は「古くても、気品がある顔立ちをしている」と目を細めていた。

 木曜休館。高校生以上100円、中学生50円、小学生以下無料。問い合わせは南郷の曲屋(電話0278-54-8611)へ。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。

ひな人形を楽しむ来場者