文字サイズを変更する
小
中
大
 

群馬県のニュース

旧多野会館 解体着手へ 藤岡 保存要請の団体「残念」 

更新日時:2017年4月21日(金) AM 06:00
 耐震改修に多額の費用がかかるため取り壊しが決まっている群馬県の旧多野会館(藤岡市藤岡)について、所有者の多野藤岡農業協同組合(JAたのふじ)は20日、解体業者を決める入札を行った。今月末にも着手する予定。JAは「一気に取り壊すのではなく、数カ月かけて建物を調査しながら解体したい」としている。

 JAによると、会館の保存には数億円の費用がかかる上、不法侵入や屋根の破損による負傷事故の発生が懸念されるため、昨年決定した取り壊し方針は変わらなかったという。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。

「帝冠様式」の意匠が特徴の旧多野会館