文字サイズを変更する
小
中
大
 

群馬県のニュース

明日の農業作文コンテスト 大坪さん(利根実)最優秀 

更新日時:2017年7月17日(月) AM 11:00
 セディア財団(東京都)が主催する「第1回高校生が描く明日の農業コンテスト」で群馬県立利根実業高(沼田市)2年の大坪直也さんのリポートが最優秀賞に選ばれた。大坪さんは8月19日に都内で開かれる表彰式に出席し、翌20日から副賞のオランダ研修旅行に参加する。

 みなかみ町新巻で観光リンゴ園を営む家庭に育った大坪さんは、小学生時代にリンゴ農家の後継者になることを決め、果樹栽培や農業経営が学べる同校に入学した。

 授業で学んだことや、1人で県内の農業法人を訪れ、研修を受けた経験を基に「リンゴの新たな可能性に賭ける」と題したリポートをコンテストに提出。近隣の農家と連携し、有機栽培リンゴを飼料として使った豚肉で六次産業化を目指すとともに、地域の活性化につなげるプランを発表した。

 「両親がとても喜んでくれた。研修旅行でさらに見聞を広め、地域や学校に還元したい」と抱負を語っている。

 同コンテストは日本の農業を担う若い世代を応援しようと、全国の農業高校生を対象に今年初めて実施され、全国51の農業高校の95人から応募があった。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。

最優秀賞に輝いたリポートを手にする大坪さん