文字サイズを変更する
小
中
大
 

群馬県のニュース

ふるさと納税 返礼に新サービス 甘楽 中之条は割合変更 

更新日時:2017年6月6日(火) AM 06:00
◎実家、墓 管理します…甘楽町
 群馬県甘楽町は今月、ふるさと納税の返礼品に「ふるさと甘楽安心サポート」と銘打ったサービスを追加した。町内に空き家になった実家や墓がある寄付者に対し、町シルバー人材センターが実家の見回りや除草、墓の清掃を1年間代行する。

 追加したサービスは3種類。寄付額30万円で選べる実家管理パックは、センター職員が家の外観を月1回確認し、除草や植木の剪定せんていを年3回行う。寄付額10万円の墓管理パックは盆や彼岸前など年3回、指定された墓を掃除する。実家と墓をセットにした管理パックは寄付額35万円で受け付ける。実家管理は空き家だけでなく、1人暮らしの高齢者宅も対象とする。

 センターはこれまでも、町外在住者から実家の除草作業や墓の清掃の依頼を受けており、追加サービスは一定のニーズがあるとみている。

 町は「都会に出た町出身者が寄付したいという、ふるさと納税の本来の趣旨に近いサービス」(企画課)としている。

◎返礼割合を3割に変更 10月に中之条町
 ふるさと納税の返礼品を巡り、群馬県中之条町は5日、地域限定の商品券「感謝券」での返礼割合を10月以降、5割から3割に変更すると明らかにした。寄付額の1割相当を特産品で返礼することはやめる方向で検討する。

 総務省がふるさと納税の返礼割合の上限の目安を「3割」と示したことを受けた措置。町は「地域振興につながるので感謝券は継続させることにした」としている。

 ふるさと納税の返礼に感謝券を贈呈している草津、嬬恋、高山の各町村も返礼割合を5割から3割に変更する方向で検討している。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。