文字サイズを変更する
小
中
大
 

群馬県のニュース

群馬県警の臨場率 最高99.6% 今年上半期 

更新日時:2017年7月18日(火) AM 11:00
 今年上半期(1~6月)に群馬県警が取り扱った遺体で、事件性の有無を判断するため検視官が現場に立ち会った割合(臨場率)は、前年同期比7ポイント増の99.6%で過去最高を更新したことが17日までに、県警のまとめで分かった。扱った遺体1270体のうち、出動機会が重なるなどして立ち会わずにチェックしたのは5体だけだった。

 吉田武・同課検視官室長は「火葬後に遺体の捜査はできない。犯罪死の痕跡を見逃すわけにはいかない」と話す。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。