文字サイズを変更する
小
中
大
 

群馬県のニュース

少子化・統合 10校で定員400人減 来年度の公立高募集 

更新日時:2017年6月20日(火) AM 06:00
 群馬県教委は19日、県立高など公立高の2018年度募集定員を発表した。県立高は前橋、高崎など既存の8校で1学級(40人)ずつ減らすほか、統合による2校の新設に伴う定員減で、全県で400人減らす。削減規模は520人減らした11年度以来。急速な少子化を受けて、規模が維持されてきた都市部の進学校でも定員減に着手し、各校の学力水準の維持や指導力強化につなげる狙いがある。

 定員を減らす8校は前橋、高崎のほか前橋女子、高崎女子、桐生、桐生女子、館林、館林女子。桐生、桐生女子は2021年度の統合再編を見込んだ定員減。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。