文字サイズを変更する
小
中
大
 

群馬県のニュース

高崎オーパ来月13日開店  駅西新時代 160店集結 

更新日時:2017年9月9日(土) AM 06:00
 イオングループのOPA(千葉市)は8日、JR高崎駅西口に大型商業施設、高崎オーパ(群馬県高崎市八島町)を10月13日に開店すると正式発表した。テナント約160店のうち、72店が県内初出店となるほか、群馬カラーを意識した店舗構成となる。オーパ開店を見据え、周辺商業施設も10月までの改装や新規出店などを進めており、同駅周辺の集客競争が本格化する。

 オーパは地上8階建て。集客目標はイオンモール高崎(同市棟高町)と同規模の年間800万人に設定した。伊勢崎、藤岡、安中各市など車で30分圏内の約97万人を商圏人口に見込んだ。

 1階中核店舗はスーパー「イオンスタイル」が県内に初出店する。2~6階はファッション関連、7~8階はレストランなどで構成。高崎を拠点とする店舗も数多く出店、焼きまんじゅうやもつ煮なども販売する。コミュニティーFM「ラジオ高崎」がスタジオを新設する。

 駐車場は自前施設を持たないが、ココパルク(高崎市東町)が西側に整備した10階建て立体駐車場(485台分)など、提携駐車場として周辺に7千台分を確保する。

 OPAは「オーパ」のほか、「ビブレ」「フォーラス」の店名で都市型ファッションビルを全国展開し、高崎オーパは21店目となる。建設地は2014年に閉店した高崎ビブレの跡地。奥田晴彦社長は8日、市内で記者会見し、「高崎は地の利のある土地。高崎市のランドマークとなり、近隣に住む人から末永く愛される施設を目指す」と述べた。

 周辺商業施設は高崎駅と一体化した高崎モントレーで、スーパーマーケットの「成城石井」が14日、カフェ・バー「プロント」が10月10日に開店。オーパ北側の高崎高島屋も全館改装を進めている。スズラン高崎店も物産展などを強化する方針で、オーパ開店の相乗効果を狙う。

 市は駅周辺のペデストリアンデッキを拡張するなどして、訪れた人たちの回遊性を高める。富岡賢治市長は「多くの人の交流が高崎に生まれる。来店した人が街中を回遊するよう協力して努力していきたい」とコメントしている。

◎「初上陸」「群馬発」売り
 10月13日の開業が発表された大型商業施設、高崎オーパは約160のショップをそろえ、「北関東エリア最大級のファッションビル」を掲げる。JR高崎駅西口で競合店がひしめく中、有名セレクトショップを集め、誘客につなげる考えだ。周辺店舗は相乗効果を期待する一方、顧客獲得に向け新たな魅力づくりに動く。

◎高崎オーパ フロア構成
      【入居店舗(一部)】      
8階 未来屋書店、羽根つき焼小籠包鼎’s、 金沢回転寿司輝らり
7階 100時間カレーエクスプレス、シンキチ醸造所
6階 カキモリ、ナムコあそびパークPLUS
5階 ロンドンコーリング、スポーツオーソリティ
4階 センスオブプレイス、プラザ
3階 ブルックリンチャームアパートメント、オサジ
2階 リンツショコラカフェ、スナイデル
1階 イオンスタイル高崎駅前店、高崎じまん

 高崎オーパには、女性服の「ミラオーウェン」や世界のコスメを集める「コスメキッチンマーケット」、こだわり文具の「カキモリ」といった本県初上陸の有名店がそろう。

 地域密着の店舗づくりを掲げ、“群馬発”の店舗も入る。眼鏡チェーンの板垣(伊勢崎市)は、30代の男性向けと20~40代の女性向けの新業態2店舗を展開。従来より若い世代に狙いを絞る。「県内で最も注目されているファッションビルで、新しいチャレンジをしたい」と意気込む。

 日東電化工業(高崎市)は都内に1月に出店したオーガニック化粧品店「オサジ」の2号店を出店。「今は東京よりも高崎で、新しいものを受け入れる空気を感じる。自分たちの軸となる店にする」と期待する。

 市内で開業するパン店「プラリネ」のベーカリーカフェや、マイクロブルワリー「シンキチ醸造所」も入る。

 一方、高崎オーパ周辺の個店も注視している。牛骨ラーメン・冷麺専門店「らぁめんまん」は通行量の増加を見込み、8月にランチ営業を始めた。「オーパにたくさんの飲食店が入るので、どこまでうちに来てくれるか分からないが、新しい人の流れができる」

 アパレル店「ソナル」の栗原岳史オーナーは「ビブレがなくなってから、街中のアパレルは厳しい状況。顧客を取られる心配より、期待する人が多いのではないか」とみて、「あとは自分たち次第」と気持ちを引き締める。

 全館改装し今月27日のグランドオープンを発表した高崎高島屋の難波斉社長は7日の会見で「食料品など競争は激しくなるが、まずは駅周辺に来てもらい、全体のマーケットを大きくすることで相乗効果を高めたい」と話した。


※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。

10月13日の開店が正式発表された「高崎オーパ」。JR高崎駅周辺のにぎわい増が期待される=8日午後