文字サイズを変更する
小
中
大
 

群馬県のニュース

《愛顔つなぐえひめ国体》成年男子馬場馬術 高橋貫禄V 

更新日時:2017年10月6日(金) AM 06:00
 【愛媛、兵庫=田中暁、大橋周平】第72回国民体育大会「愛顔つなぐえひめ国体」の大会第6日は5日、11競技を行い、群馬県勢は馬術成年男子馬場馬術で高橋正直(伊香保バーデンファーム)が優勝した。ボウリングは団体4人チームで成年男子が準優勝し、成年女子も7位入賞で、種目別総合成績(天皇杯)で初めて2位になった。重量挙げ成年男子53キロ級クリーン&ジャークで山田政晴(ALSOK群馬)が4位。自転車成年男子個人ロードレースで石井駿平(鹿屋体大)が5位に入った。大会第7日は6日、12競技を行う。

◎“人馬一心”観客を魅了…高橋

 馬術の成年男子馬場馬術は、リオデジャネイロ五輪代表の高橋正直(伊香保バーデンファーム)が流れるような演技を見せ、優勝した。同じく五輪代表で、リオでは個人成績が上位だった原田喜市(岡山)も上回ってみせた。高橋は演技を終えると愛馬のファブリアーノ58を何度もたたいてねぎらい、「今が一番コミュニケーションが取れ、“人馬一心”になれている」と笑みを浮かべた。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。

馬術成年男子馬場馬術 馬と一体の演技で優勝した高橋=兵庫・三木ホースランドパーク