文字サイズを変更する
小
中
大
 

群馬県のニュース

救助訓練で決意新た 桐生 震度6想定で175人 

更新日時:2016年3月12日(土) AM 06:00
 東日本大震災から5年を迎えた11日、群馬県の桐生市消防本部は、同市美原町の旧昭和小の校庭で、消防部隊運用訓練を行った。

 県内各地の消防署員や消防団員ら175人が参加し、機敏な動作でがれきの中から人を助け出した。


※専用アプリ「上毛新聞AR」を使って、それぞれの写真にスマートフォンをかざすと動画が見られます。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。

倒壊建物や車両からの救助訓練を行う消防隊員ら=桐生・旧昭和小学校

 

桐生市役所では18日まで、復興の様子などを伝える写真展を開いている