文字サイズを変更する
小
中
大
 

群馬県のニュース

130年分の紙面 図書館で閲覧 24日から高崎中央図書館 

更新日時:2016年10月20日(木) AM 10:00
 創刊から約130年間の上毛新聞の紙面をパソコンで見ることができるデジタルアーカイブ「上毛新聞ライブラリー」が群馬県高崎市立中央図書館に導入され、24日に県内で初めて一般利用が始まる。これに先立ち、市教育委員会の飯野真幸教育長が19日、同図書館でライブラリーを使って過去の紙面を閲覧した。

 飯野教育長は、自身が教員に採用された1973年4月1日の紙面を検索。1面に大きく掲載された教員の異動に関する記事を読み、「当時の記事を見ることで原点に戻れる。どんな気持ちで仕事に臨んでいたのかを思い出し、今の自分を省みることにつながる」と話した。

 また、「子どもたちには自分が生まれた日の紙面を検索してほしい。期待されて誕生してきた日の記事を読み、自分の命を大切にしてほしい」と述べた。

 レファレンスコーナーに設置され、職員に閲覧したい日付などを伝えると調べてもらえる。印刷は1枚10円。同図書館は「調べ物や研究に活用してほしい」としている。

 ライブラリーは県立図書館も導入し、11月から運用する予定。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。

教員に採用された当時の紙面を見る飯野教育長