文字サイズを変更する
小
中
大
 

《育英だより》飯島主将を筆頭に堂々 開会式リハーサル 

更新日時:2017年8月9日(水) PM 07:08
 【甲子園=中里圭秀】第99回全国高校野球選手権の開幕を前に、開会式のリハーサルが6日、甲子園球場で行われた。各地区の代表49校が一堂に会して行進し、本県代表の前橋育英は飯島大夢主将を筆頭に堂々と入場した。飯島は落ち着いた様子で「去年の夏は先輩がいて頼れたが、今は自分が主将としてまとめていく」と話した。

 深川理来は、今春の選抜甲子園でプラカードを持って先導した。その時は制服姿だったため「みんなと同じユニホームで行進できてうれしい」と笑顔だった。初めて聖地を踏む2年生の北原翔は「昔から憧れた場所。入場のときから迫力があった」と喜んだ。

 プラカード係は例年同様、兵庫・市西宮高の女子生徒が務める。育英は松浦亜季さん(2年)が担当する。

 開会式が8日にずれ込んだことについて荒井直樹監督は「けが人がいるのでちょうど良かった。プラスに捉えます」と話した。選手も気にする様子はなく、リハーサル後は大阪府内の高校のグラウンドに移動して約2時間の練習。普段と変わらず、きびきびとした動きを見せた。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。

開会式リハーサルで整列した前橋育英ナイン=甲子園

  • 上毛新聞を購読する
  • 上毛新聞に広告を載せる
URLを携帯へ転送 右のQRコードから上毛新聞モバイルサイト「じょうもばいる」にアクセスできます