文字サイズを変更する
小
中
大
 
 

創業者取り巻く環境や実例解説 高崎で日本公庫 

 
 日本政策金融公庫高崎支店は26日、群馬県の高崎経済大で「特別出張講座~創業支援の現場~」を開いた。金融業界や創業に興味のある学生24人が、創業を取り巻く環境や実例に耳を傾けた。

 同公庫国民生活事業北関東信越創業支援センター上席所長代理の小川竜興氏は、同公庫が創業間もない企業やソーシャルビジネスへの支援に力を入れていると紹介。「創業は、なぜそれを始めるのか、という部分が最も重要」と助言した。

 同大4年時に学生と企業の出会いの場をつくる学生団体「キャリコ」を立ち上げた小圷こあくつ琢己さんや、学生の食生活をサポートする「かあちゃんのまごころ」を起業した根岸リインさんも登壇し、自身の経験を話した。

 高崎商工会議所と県が協力した。今年で3回目。

自身の起業経験を話す根岸さん

  • 上毛新聞を購読する
  • 上毛新聞に広告を載せる
URLを携帯へ転送 右のQRコードから上毛新聞モバイルサイト「じょうもばいる」にアクセスできます