文字サイズを変更する
小
中
大
 

三山春秋

2017/09/12【三山春秋】 結婚相談所で教えてもらった。「良い縁に恵まれる人の共通点は、明るい笑顔と素直である…

 
 ▼結婚相談所で教えてもらった。「良い縁に恵まれる人の共通点は、明るい笑顔と素直であること」。既婚者には縁遠くなった世界でも結婚難がしきりと叫ばれる昨今、その道のプロに疑問をぶつけてみたくなる

 ▼民間の調査で、独身男性30歳前後の62%は結婚を意識した交際経験がないという(5日付本紙)。もっと意外なのが、行政や各種団体の呼び掛けで行われる婚活パーティーの成果だ

 ▼県の「赤い糸プロジェクト」の一環で、これまでに県内で800回近く開かれた。交際するカップルが2000組以上誕生したが、結婚の報告は29組と少ない

 ▼「出会いの機会だけ増やしても結婚に結びつかない」とは、群馬を拠点にした結婚相談所ハッピータイムを運営する佐藤秀幸さんの指摘だ。前述の「良縁の共通点」に、佐藤さん自ら1000組を成婚させた経験がにじむ

 ▼笑顔はやはり大切だ。ただ、素直とは漫然と過ごすことではない。とりわけ交際経験のない男性は、女性の心をつかむアドバイスを素直に実行するという意味だ。相手の選び方、会話の仕方、奥深い男女の機微はとても小欄に書ききれない

 ▼結婚難は経済的な問題を背景に「若者が将来の夢を語りにくくなったことが大きい」という。結婚する、しないは個人の自由だとしても、まん延する将来不安はやるせない。笑顔を約束する希望の明日でありたい。