文字サイズを変更する
小
中
大
 
 

創業の夢 実現に一歩 県庁 「支援塾」が勉強会 

 
 群馬県が主催する「創業プラン実現支援塾」の第1回塾生勉強会・交流会が26日、県庁で開かれた。創業を目指す人や創業間もない経営者10人がビジネスプランの実現に向けて一歩を踏み出した。

 県商政課の角田淑江課長は開講式で支援塾の流れを説明し、「仲間づくりも皆さんの大きな財産になるのではないか」と述べた。コーディネーターを務める県産業支援機構の田沼昇一さんは、目指す姿を明確にし、最後まで仲間と共に前進するよう塾生に呼び掛けた。

 塾生は自己紹介を兼ね、工芸制作工房や和装バッグ販売といった独自のプランを披露し、他の塾生と意見交換した。

 支援塾は全7回。勉強会を通してプランを磨き上げ、来年3月に前橋市の群馬産業技術センターで発表する。

県庁で開講した創業プラン実現支援塾