文字サイズを変更する
小
中
大
 

視点オピニオン21

外国人の医療受診 言葉の壁で負担や悩み

群馬の医療と言語・文化を考える会副代表 原美雪
 
 医療通訳は患者の権利や人権を守り、命を守るという意味で司法通訳同様に特殊な側面があります。通訳者は医学を理解し、患者さんが話す言葉や文化を理解することが必要とされます。大学や通訳養成機関で医療通訳者教育が進んでいますが、国家資格はまだ検討段階です。

 群馬ではどのような医療通訳が行われているのでしょうか。県の医療通訳ボランティア制度、市町村や国際交流協会の相談員による対応、全国組織のAMDA国際医療情報センターの電話通訳、病院スタッフの通訳者、地域コミュニティーや業者の通訳、患者さんの家族や友人の通訳などさまざまです。患者さんもまた、日本に定住する日本語を母語としない方、観光客、治療目的に訪日する外国人などいろいろです。

 私は県の医療通訳ボランティア、東京外国語大学のコミュニティー通訳として活動を始めました。つまり地域で暮らす方のための通訳です。

 その活動の中から見つけた課題を解決するため、通訳ボランティアの有志で4年前に医療通訳を普及するための団体を立ち上げました。

 通訳をするたびに、たくさんの課題が見つかりました。

 通訳者は守秘義務があります。それでも私は、通訳者だからこそ聞くことができる患者さんの声なき声を社会に伝えることは大切なことだと思います。もちろん、さまざまなケースをそのままお伝えすることはできませんが―。

 通訳がいなかったため本来つながるべき診療科に送られず、受け入れ病院も決まらず、不要な検査が行われ、異なった診断で患者さんや本国の家族にまで不要な心理的負担がかけられていたケース。休日、夜中に泣く子どもを連れて、雪の中を他県の、もと通っていた病院まで連れて行った親御さん。薬を飲んで体調が悪いと電話をかけてきた妊婦さん。病院に行ったけれど、言葉が通じないためにあきらめて帰ってきた患者さん。日本語を母語とする子ども対象の知能検査をそのまま通訳を通し受けた子ども。母国の言葉や文化を大切にできない環境で、ゲームを友達にしていた小さな彼。「友だちに叩(たた)かれることがいやで、話をしても誰も聞いてくれない」とようやく小さな声で言った彼。病院では当初「少し乱暴な行為があるとの学校からのお話です」と紹介をされました。乱暴だったのは彼ではなく、彼を取り囲む環境でした。

 病院の診察室にまでたどり着かないところで、外国の方が困っているこのような現状は、誰も把握していません。

 病院では「患者さんが通訳を連れて来ますから困りません」とよく言われます。

 家族や友人、会社の人が何とか対応できたとして、はたして医学用語を正しく通訳できる方はどのくらいいるでしょうか。問題です。「動脈」は英語で何と言いますか?



群馬の医療と言語・文化を考える会副代表 原美雪 前橋市三俣町

 【略歴】東京都出身。東京外語大卒。外務省で在インドネシア大使館などに勤務。2013年に群馬の医療と言語・文化を考える会を立ち上げ、医療通訳の普及に尽力。

2017/03/01掲載