文字サイズを変更する
小
中
大
 

三山春秋

2017/04/29【三山春秋】 〈青空の時はどんどんどん走れるな〉〈雲いつものしのしのししついてくる〉。今月、上毛新聞…

 
 ▼〈青空の時はどんどんどん走れるな〉〈雲いつものしのしのししついてくる〉。今月、上毛新聞1面に掲載された「朝の一句」の一部だ

 ▼「朝の一句」は上毛ジュニア俳壇に投句された作品から、選者が選んだ句を毎日掲載。身の回りの出来事や季節の移り変わりを敏感に感じ取れる感性、ユニークな表現に驚かされる

 ▼子どもたちに俳句をより深く理解してもらおうと今年1月、上毛ジュニア俳壇創設20周年記念を兼ねて、初めて句会を開催。小中学生9人が、それぞれの句を読み比べた

 ▼「他の人の感じ方が分かった」「自分の句の良いところやどう思われているかが分かった」。参加した子どもたちの感想だ。作品を通してさまざまな考え方や感じ方を知り、さらに意見を交わすことが、新しい作品やアイデアに結び付くことを実感した様子がうかがえた

 ▼「まだ東北で良かった」。東日本大震災の被害を巡り、こう発言した今村雅弘前復興相が辞任した。被災者をどれほど傷つけたことか。復興政策への認識不足はもちろんだが、人を思いやる心が感じられない無神経な言葉に 怒りを覚える

 ▼多様な考え方や意見に触れたり、対話を重ねることは、他人を思いやったり、受け止め方を想像する力をも育む。まどろっこしくても、少しくらい手間が掛かっても、一人でも多くの人の声に耳を傾けたい。

  • 上毛新聞を購読する
  • 上毛新聞に広告を載せる
URLを携帯へ転送 右のQRコードから上毛新聞モバイルサイト「じょうもばいる」にアクセスできます