文字サイズを変更する
小
中
大
 
 

理工系 楽しさ体感 サンデン事業所で女子高生 前橋 

 
 サンデンホールディングス(伊勢崎市寿町)は3日、前橋市のサンデンフォレスト・赤城事業所で、女子高生を対象とした「夏のリコチャレ(理工チャレンジ)」を開いた。県内3校の13人が女性技術者と一緒に実験に取り組み、理工系の仕事に理解を深めた=写真。

 氷点下でゆっくり冷やした水が、刺激を与えると一瞬で凍る「過冷却現象」を実験。桐生高2年の阿久津麻友さんは「大学は理工系に進みたい。実験が好きで、成功してうれしい」と楽しんでいた。技術者の野村梨紗さんは「予想を裏切る問題に協力して答えを出し、製品として形にする面白さがある」と魅力を話した。

 群馬大が主催する、女子中高生の理工系進路選択を支援する事業の一環。懇談会や生産ライン見学も行った。

  • 上毛新聞を購読する
  • 上毛新聞に広告を載せる
URLを携帯へ転送 右のQRコードから上毛新聞モバイルサイト「じょうもばいる」にアクセスできます