文字サイズを変更する
小
中
大
 
 

福祉業界の魅力  仕事内容を説明 県社協が就活応援セミナー 

 
 福祉業界の人材確保が課題となる中、業界への就職を目指す人向けの就活応援セミナー(県社会福祉協議会主催)が31日、群馬県前橋市のヤマダグリーンドーム前橋で開かれた=写真。参加した33人が、やりがいや就職先を選ぶこつを学んだ。

 福祉業界の動向に詳しい門野友彦さん(東京都)が「自分に合う職場の見つけ方」と題して講演。県内の老人ホームと障害者支援施設で働く若手職員2人が仕事を紹介した。

 吾妻養護老人ホーム(高山村)で働く桑原拓也さん(29)は「利用者から感謝されることがうれしい」と語り、東毛会はるかぜ荘(太田市)の清野真嗣さん(26)は「職員が笑顔であいさつしてくれる施設は職場としてお薦め」と助言した。

 参加した渋川市の女性(28)は「就職先を選ぶ参考になった。いろいろな施設を見学して決めたい」と話していた。

 セミナー後には「福祉ハートフルフェア」と題した就職面接会も開かれ、採用予定がある福祉関係の84法人が出展した。

  • 上毛新聞を購読する
  • 上毛新聞に広告を載せる
URLを携帯へ転送 右のQRコードから上毛新聞モバイルサイト「じょうもばいる」にアクセスできます