文字サイズを変更する
小
中
大
 
 

女性限定で意見交換 高崎 学生へキャリア紹介 

 
 企業と学生の出会いの場をつくるキャリコ(小圷琢己代表)は4日夜、女性限定の「キャリコの女子会」を高崎市内の飲食店で開いた。群馬県内や都内の大学に通う10人が、県内で働く女性と意見を交わし、キャリアについて考えた。

 第1部では建設業や商社、県庁などで営業・事務職に就く20~30代の女性がパネルディスカッションした。女性たちは「働いていなければ出会えなかった人とたくさん出会え、自分も成長できた」といったやりがいや、「結婚で好きな仕事を辞めるかどうか悩んだ」という経験も紹介した。

 第2部は食事を囲んでの質疑応答。企画運営を担当した高崎経済大3年の河田玲央奈さんは「家庭と仕事の両立など、女性ならではの突っ込んだ質問が多く出ていて良かった」と話していた。この取り組みは今後も継続する。

働く女性(左側)から話を聞いた「女子会」