文字サイズを変更する
小
中
大
 
 

夢に向かって巣立ち 前橋・県高等歯科衛生士学院 

 
 群馬県高等歯科衛生士学院(村山利之学院長)の第46期生卒業証書授与式が8日、前橋市の県歯科医師会館で開かれ、3年間の課程を修了した47人が医療現場へ新たな一歩を踏み出した。

 村山学院長は、式辞で「大きな夢を抱き卒業される姿に感無量。患者さんに信頼される歯科衛生士になってください」と激励した。

 卒業生代表の金子美悠さんは、3年間を振り返り「友人からの励ましもあり、実習の日々を乗り越えられた。患者さんに信頼され、後輩の見本となるよう精進したい」と涙を浮かべ、答辞を述べた。

晴れ姿で式に臨む卒業生

  • 上毛新聞を購読する
  • 上毛新聞に広告を載せる
URLを携帯へ転送 右のQRコードから上毛新聞モバイルサイト「じょうもばいる」にアクセスできます