タイトル
■47 後閑 祐次
後閑 祐次
後閑 祐次

 〈全役員会を開いて私を社長に推薦したから引き受けろと伝達してくださったのが桑島さんだったのですが、私は家庭の事情でお引き受け出来ないとお断りしました。粘り強く粘られてほとほと困り抜きましたが、結局桑島さんに降参して就任した訳でした〉   後閑祐次は、組合製糸「群馬社」の創設、再建にかかわった桑島定助(一八六七−一九四八年)を回顧する座談会(一九五六年開催)で発言している。

(上毛新聞3月16日掲載)
※ 全文は刊行中の「絹先人考」をご覧ください。


▲このページのトップへ