ぐんまエコ宣言!2019 受賞者決定
ぐんまエコ宣言!とは
群馬県内の小・中学生を対象にした環境に関するプレゼンテーション大会です。
2019年度は計434通の応募のうち、小学生の部9組14名、中学生の部7名が書類審査を通過。次代を担う子どもたちが、地球の未来について考え、発表しました。
今後も『ぐんまエコ宣言!』にご期待ください!
応募要項はこちら
ぐんまエコ宣言!2019
本大会の様子
大賞
小学生の部
『できることから はじめよう!』
宮川杏菜さん
(渋川市立渋川北小学校)
中学生の部
『カビを防止する食品って?』
砂川真琴さん
(館林市立第二中学校)
小学生の部
群馬県教育委員会教育長賞
『大切な森を 守ろう、育てよう』
松林夏澄さん
(桐生市立西小学校)
エコ計画賞
『紙ゴミをへらす、3つの提案』
鈴木菫さん
(渋川市立橘小学校)
上毛新聞社賞
『エコ界のトレンドは…おしゃれエコバックに決まり!』
諸田陽菜さん、市村紬さん、贄田紗季さん
(高崎市立箕郷東小学校)
中学生の部
群馬県教育委員会教育長賞
『フードロス』
成澤柚杏さん
(太田市立太田中学校)
エコ計画賞
『~ボランティア活動を通して~』
竹内璃琉さん
(高崎市立大類中学校)
上毛新聞社賞
『アイデア エコノートで気軽に環境保全を!!』
井上萌々子さん
(伊勢崎市立第一中学校)
特別授業
前橋総合技術ビジネス専門学校 校長  小島 昭
「あなたが まもる つくる  これからの ちきゅうの かんきょう (ぐんまから せかいへ)」
地球は、地球にすむ70億人の地球人共有のものです。小中学生の身近な活動が世界とつながることで、新しい環境システムが創られていくのです。私が現在行っている研究を例に、これからの群馬のエコ、地球のエコを考えてみます。
【プロフィール】

昭和18年 桐生市生まれ 群馬工業高等専門学校に48年間勤務。
エコ研究に50年以上取り組む。現在は、鉄と炭で海の牡蠣を大きくし、海藻の成長を促進する研究に夢中。

ぐんまエコ宣言!2019
スケジュール
※日程が変更になりました
募集開始
2019年6月1日

募集締切
2019年10月31日

書類審査・結果発表
2019年12月上旬
(予定)
※結果は文書を郵送
大会
2020年2月23日
群馬県公社総合ビル

応募要項
応募資格・募集部門
群馬県在住、 または在学の小・中学生
  1. 小学生の部
    個人・チーム問ません(チームは3名まで)
    学校や地域で取り組んでいる、環境に関する活動(身のまわりの植物や生物の観察、自然を守るための活動など)を発表してください。
    発表時間は5分程度とします。
  2. 中学生の部
    個人での応募のみ
    興味のある環境問題(エネルギー問題やCO2削減等)について自らテーマを設定し、問題解決に向けた提言を発表してください。
    発表時間は8分程度とします。
発表方法
自由(模造紙やプレゼンテーションソフト、工作した作品等を使用できます)
日程
応募期間
2019年6月1日[土] 10月31日[木] 必着
書類審査
2019年12月上旬 結果発表(文書で郵送します)
大  会
2020年2月23日[日] 群馬県公社総合ビル(前橋市大渡町)でプレゼンテーション大会を開催
応募方法
申込用紙を下記宛てまで郵送してください。
〒371-8666
前橋市古市町1丁目50-21
上毛新聞社営業局「ぐんまエコ宣言!2019」事務局宛て
発表内容に関する写真を同封してください(5枚まで)。
  • ポスター、チラシ(申込用紙)は県内の学校に配布します
  • 申込用紙はPDFファイルをダウンロードし、印刷してご利用ください
応募用紙 ダウンロード 小学生の部 応募用紙 ダウンロード 中学生の部
応募費用
無料
(応募書類の送料、会場までの交通費は応募者負担となります)
賞(予定)
大賞(群馬県知事賞)
各部門1組 副賞:図書カード(中学生の部:3万円分小学生の部:各人2万円分)をプレゼント!
群馬県教育委員会教育長賞、上毛新聞社賞、エコ計画賞
各部門1組 副賞:図書カード(中学生の部:2万円分小学生の部:各人1万円分)をプレゼント!
参加賞
参加者全員
  • 副賞・記念品は特別協賛の株式会社エコ計画からの提供です
問い合わせ先
〒371-8666
前橋市古市町1丁目50-21
上毛新聞社営業局「ぐんまエコ宣言!2019」事務局
TEL.027-254-9945
留意事項
  • 申込用紙、写真は返却しません
  • 応募者の個人情報は「ぐんまエコ宣言!2019」以外の目的で使用しません
  • 応募は未発表のものに限ります(他コンクールに応募済の作品は応募できません)
  • 大会の模様等は上毛新聞紙上で紹介します。応募者の顔写真、学校名、学年、氏名、発表内容を上毛新聞紙上で掲載することがあります。作品に関する諸権利は主催者に帰属します