陶遊会が光恩寺で陶器市(千代田町)

<上毛新聞シャトル 2021年5月20日掲載より>

買い物を楽しむ来場者

会員の力作200点「仕上がり見事」

千代田町の陶芸サークル、陶遊会(栗原稔会長)は「ちよだ陶器市」を、同町赤岩の光恩寺で開いた。会員が作った湯飲みや皿など約200点を買い求める人でにぎわった。

会員のアイデアが詰まった作品

普段使いしやすい食器や花瓶、かわいらしい置物、色鮮やかに絵付けしたブローチなど、会場にはデザイン性豊かな作品がずらりと並んだ。価格も100円からと手ごろなものからそろい、訪れた人も「見事な仕上がり」と感心した様子だった。
 この日は光恩寺で春季不動尊大祭があり、町からの依頼で同会が陶器市を開いた。

約200点の作品が並んだ「ちよだ陶器市」


陶遊会は29年前に発足した。現在は会員22人が所属し、「作りたいものを作る」スタイルで自由に制作を楽しんでいる。会員の募集もしており、栗原会長は「興味のある人は見学に来てください」と呼び掛けている。

きれいなブローチ

活動は第1~3金曜、午後6時半~9時。第4金曜と第1、第3土曜が午前9時~午後5時。場所はコスメ・ニスト千代田町プラザ。月会費500円で都合の良い日に参加できる。
 問い合わせはコスメ・ニスト千代田町プラザ(☎0276・86・6311)へ。

タイトルとURLをコピーしました