太田南FC 全日本U-12フットサル県大会制覇(太田市)

<上毛新聞シャトル 2021年8月5日掲載より>

少年サッカーチームの太田南FCが、渋川市で行われた「JFAバーモントカップ第31回全日本U―12フットサル選手権大会県大会」で優勝した。新型コロナウイルスの影響で、出場権を得た全国大会は中止となってしまったが、県内トップの戦力のさらなる強化へ向けて練習に打ち込んでいる。

2年ぶり4度目の栄冠 精度高いパスや 機敏さが持ち味

太田南FCは、おととしに続く4度目の栄冠。6月に行われた県大会は、1次リーグで前橋エコークラブなど県内強豪チームに連勝してベスト8入り。2次トーナメントは無失点で勝ち上り、決勝の対エヴォリスタ戦も6―1で圧倒した。


 メンバーは小学6年生の8人。精度の高いパス回しや攻守の機敏な切り替えがチームの持ち味だ。チームワーク良く、戦力にさらなる磨きをかけようと、練習に汗を流す。 チームをけん引するキャプテンの小池晴斗 君は「一丸になって戦えるよう、声を出してチームづくりをしている」と話す。

代表兼監督の石井正実さんは、自分で問題を解決させる力を鍛えようと、自主性を重視して指導する。「苦しい戦いの中で、いかに平常心を保てるかが重要。日ごろの成果が発揮できれば勝利できる」と語り、子どもたちの成長に期待している。

背番号ポジション氏名学校名
GK大谷 智成韮川
FP岡根 惇朗沢野中央
FP清水 壱隼駒形
FP新井 藍斗韮川
FP新藤 旗心毛里田
FP福島 悠生休泊
10FP小池 晴斗太田
11FP新藤 碧文毛里田

タイトルとURLをコピーしました