空から見てみた 館林のアンブレラスカイ 【STAFFのつぶやき】

館林市役所前で展開しているアンブレラスカイがとってもキレイだ と思っていたら、上毛新聞社の写真部(写真や動画の撮影を生業としている人々)がドローン撮影していましたので、皆様にお知らせします。

さまざまな色の傘が梅雨空を彩る「城町アンブレラスカイプロジェクト」が5日、館林市役所敷地内の歩道で始まった。頭上に550本の傘の花が開き、来庁者が立ち止まって鑑賞したり、写真を撮ったりして楽しんでいる

上毛新聞 2021年7月6日付より

担当記者によると、「上からみたらどうなるんだろう」と思いドローンを飛ばしたそうです。
ドローン発進!(撮り忘れたのでイメージ映像です)

空から映像はこちら

上毛新聞 2021年7月6日付 によると、使用している傘の数は550本。2019年に「城町アンブレラスカイプロジェクト」。3回目の今年は、傘の本数を増やすなど規模を拡大したそうです。

写真も撮りました。2021年7月27日掲載

とても素敵な 「城町アンブレラスカイプロジェクト 」。8月28日まで開催しているとのことです。インスタ映えすること間違いなし!密集を回避しながらぜひともお出かけください。

上毛新聞は県内の情報を隈なくお届けしています。とりあえず一週間お試しできますので、ぜひともご利用ください。試読の申し込みは ここ から。

コメント

タイトルとURLをコピーしました