深澤 利弘
シムックス社長

サービスを 再定義する

昨年は警備業の安定した需要とともにお客さまの支持もあり、売り上げ、利益ともに過去最高となりました。ただ、さまざまな業界で人手不足が問題となっている中、警備業も今までのようなマンパワーを中心に据えた経営だけでなく、新たな創意工夫が求められる時代に突入したと感じています。2019年は私たちが社会とお客さまに提供できるサービスとは何かを考え、再定義する年にしたいと考えています。

将来の事業を研究するため、若手社員らで立ち上げた「BEYOND2020研究会」は、先行事例の調査や新事業の検討などの研究を進めています。少ない人員でも今までと同等以上の警備をお客さまに提供できるように、AIやセキュリティーカメラの画像、データを活用した新しい警備の形を模索しています。高崎まつり大花火大会などの大きなイベントでは、カメラを試験運用しています。ぐんまマラソンではカメラを活用することでリアルタイムのコース状況が確認でき、適切なタイミングで交通規制の設置と撤去ができました。警備の効率化とともに、今までのサービスに新たな価値を生み出せるような研究を進めたいと思います。

昨年から、4月の新卒採用に加え、10月に第二新卒者の採用を開始しました。福島県郡山市、長野県佐久市、静岡県沼津市にも採用募集センターを新設し、県内3カ所のセンターとともに地域の人材発掘に力を入れています。変革期の今、新しい発想で工夫や提言ができる人材に出会えることを期待しています。

株式会社シムックス

企業団体情報

法人名 株式会社シムックス
所在地 〒373-0014
群馬県太田市植木野町300-1
電話番号 0276-40-2211
公式サイト http://www.keibi-sems.co.jp/