石橋 壽生
理研鍛造社長

受注増でも 働き方改革

鍛造とは、加熱した鋼をプレス機械やハンマーなどでたたいて強度を上げ、形を作ることです。この高度な鍛造技術を生かし、トラックや建機、農機のエンジンの中心部や駆動部分など、強度が必要とされる重要保安部品を手掛けています。企業の5大任務に①安全②品質③コンプライアンス(法令順守)④納期通りの生産⑤健全な財務―を掲げ、特に作業の安全と品質向上は製造業の使命と考えます。当社の技術は国内トップレベルと自負しますが、今後も大学などの研究機関と新たな技術や工法の開発を目指していきます。

トラックや建機は海外市場が好調で、東南アジアや北米の販売台数が伸びています。これと同時に当社への受注も増加し、大幅な増収を達成しました。必然的に業務量が増えるので、社員の働き方改革を急いでいます。画像処理システムを備えた高性能の製造ロボットの導入、3Dシミュレーションを活用した開発期間の短縮など効率化を進めると同時に、採用人数を増やして適正な人員確保に努めます。工場内の騒音や粉じんの防止や防寒対策、事故防止のパトロールや研修の充実によって社員の安全に気を配っています。

当社は前橋で創業し、昨年で80周年の節目を迎えました。工場を高さ12メートルの防音壁で囲むなど周辺環境への配慮はもちろん、街灯への協賛や地元大学への協力など地域貢献にも力を入れています。恒例の秋祭りは、地域の方に当社を知ってもらう機会として充実を図っています。ぜひ一度、訪れてみてください。

理研鍛造株式会社

企業団体情報

法人名 理研鍛造株式会社
所在地 〒371-0846
群馬県前橋市元総社町395-3
電話番号 027-251-1831
公式サイト http://www.riken-forge.co.jp