山口 晋二
トヨタ部品群馬共販社長

モビリティ社会へ 一歩

自動車業界は百年に一度の大変革期を迎え、トヨタ自動車も車メーカーから「モビリティサービス・プラットフォーマー」へ大きく方向転換しようと動き始めています。当社もグローバルトヨタの一員として、新しい豊かなモビリティ社会づくりに貢献したいと思っています。

トヨタ自動車の豊田章男社長は「愛車というように愛が付く工業製品は車だけ」と言っていますが、人が愛着を持って車に接する関係は未来も続くと思います。ただ移動手段としての車の将来を考えると、車を所有していなくてもスマホなどで乗車予約や決済することで、ストレスなく移動できる社会になると思います。当社は主にトヨタ車の修理や整備に必要な部品を必要な時に必要な数だけ提供していますが、車の利用法が将来的に変化する中で、新たな事業展開を考えていかなければなりません。地域に密着し、トヨタ生産方式に基づいたジャスト・イン・タイムの物流システムが当社の強み。人やもの、サービスを運ぶ新しいモビリティ社会に迅速に対応することが求められています。

当社は昨年、企業理念を変更しました。「車」や「部品」という言葉をあえて使用せずに「豊かなモビリティ社会づくりを通して地域社会の発展と人々の幸せに貢献します」としました。将来的に会社の幹部となる40代前後の全社員を対象に研修を行い、意識改革にも取り組んでいます。今年は新しいモビリティ社会に向けて、新たな一歩を踏み出したいと思います。

トヨタ部品群馬共販株式会社

企業団体情報

法人名 トヨタ部品群馬共販株式会社
所在地 〒370-3522
群馬県高崎市菅谷町20番地302
電話番号 027-372-1121
公式サイト http://www.gunma-kyohan.co.jp/